特に梅雨の時期はカビの発生条件がそろう季節

未分類

1年中カビは生えますが、生える条件が揃うジメジメした梅雨の時期は、特に悩まされます。 免疫力の弱い人や体の弱い人などは、カビによる健康被害を起こす可能性があるため十分に注意が必要です。

カビが生える条件は、湿度と栄養、気温です。
湿気が大好きなカビは、湿度60%で活発に繁殖し、60%以下であっても、空気が滞っていると繁殖する可能性があるため、定期的な換気や扇風機を活用することが大切です。
ほこりや食べかす、紙類など、カビは何でも栄養にしてしまうため、とても厄介です。
カビは0~40℃で繁殖しますが、梅雨の時期の気温にあたる20~30℃が最適な気温です。

条件が揃えばありとあらゆるところに生えるカビの中でも、水気が多い、石鹸カスなどの栄養がある、台所や洗面所、お風呂場、結露がついたサッシ、押し入れなどは、気をつけたい危険な場所です。
これらの場所の最適なカビ対策である“換気する”ために、換気扇を回すこと、窓を開けることを心がけましょう。 “換気する”ことによって、空気が循環し乾燥させると、カビが生え難くなります。

洗濯物も外に干せないことが多い梅雨の時期は、どうしても部屋干しになってしまい湿気がたまってしまいます。 湿気をためないように、エアコンや、除湿機、乾燥機など使用しましょう。
押し入れやクローゼットなどの狭い空間の扉を閉め切ってしまうと、内部の空気が滞留しやすく、その結果発生した湿気の水分の逃げ場がなくなり、カビが生えやすくなります。 押し入れ内部のカビ対策は、すのこを敷くこと、扉を開けておくことによって、空気を循環させることが有効です。
隙間を開けずに壁際にぴったりクローゼットなどの家具を置いてしまうと、家具と壁の間に空気が流れないため、結露が発生するとカビが生えてしまうかもしれません。 壁との間に多少隙間を開けて家具を置きましょう。
窓ガラスの結露は、こまめに拭き取ることが大切ですが、室内側にもう1枚窓ガラスをつける“二重サッシ”にすると、結露の防止につながります。                                                                                                                                                                                                                                                                               

カビが生えやすい台所の中でも、シンクの掃除を怠ると、黒カビが生えてしまいます。 使い終わったら、掃除して汚れと水気を拭き取り、乾燥させましょう。
たっぷり水気があるお風呂場では、入浴後、窓を開けたり、換気扇を回したりすることによって乾燥させると、掃除が楽にできます。
また、入浴後、お風呂場全体を冷水シャワーで冷やすと、カビの原因になる石鹸カスなどが洗い流されるうえ、お風呂場の温度も下がります。 最後にお風呂場内の水分をタオルなどで拭き上げると、より完璧なカビ対策ができます。
お風呂場と同じように、石?カスが残りやすく水気もある洗濯機もカビが生えやすく、対策が必要です。 厄介なのは、見えない洗濯槽の裏側にカビがつきやすいことです。
内部の湿気を取るために、洗濯機を使っていないときは、蓋を開けておくことが大切です。

頭を悩まされることがないように、カビの発生条件を理解し上手に対処することによって、梅雨の時期も快適な生活を送りたいものです。