日本の近現代史を勉強する

未分類

最近自分が興味を持って勉強していることは、日本の近現代史(明治~戦前)です。
きっかけとなったのは、映画『二〇三高地』を見たことと、漫画『ゴールデンカムイ』を読んだことです。『二〇三高地』は日露戦争の旅順攻略戦の激戦地である二〇三高地での戦いをめぐる物語です。ゴールデンカムイは主人公が日露戦争帰りの元軍人で、フィクションではありますが、二〇三高地の戦いにも参加している設定です。
それまで、自分は日本の近現代史が大の苦手で、明治維新、日露戦争、満州事変など名前は知っているけど、内容についての知識は曖昧でした。特に太平洋戦争につながっていく昭和前期などは暗いイメージがつきまとい、勉強してみようという興味もあまり湧きませんでした。
しかし、上の2作品にふれたことをきっかけに、まず日露戦争、とくに陸軍の戦いに興味を持ち、関係する書籍などを読み始めました。映画や漫画で描かれる陸軍の日露戦争は、とにかく悲惨で、旅順攻略戦では膨大な犠牲者を出しました。辛くも戦争には勝利するものの、多くの戦死者と、生き残った人にも精神的、肉体的な傷を残しました。
なぜ、日本はあれほどの犠牲をだしてロシアと戦わなければならなかったのか、その結果国として何を得たのか、またなぜ小国だった日本が当時の一流国であるロシアに勝利したのかなど疑問や知りたいことは尽きませんでした。
日露戦争について勉強していくと、当然その前後の国内外の政治情勢なども知らずには済ませられません。明治から始まる、満州や韓国での日本の権益の確保、というのが日露戦争の一因ですが、それはやがて日本の満州支配や第二次世界大戦につながっていきます。
今まで何となく避けていた日本の近現代史ですが、現代の日本につながってくる話も多く、歴史を勉強することで今を知る、という事の大切さを改めて感じています。小国から当時の一流国家に日本を急成長させた、明治の人々の苦労や素晴らしさ、そしてまた、強国になったからこそ植民地の拡大などを続け、戦争の泥沼にはまってしまった悲惨さ、そのどの面も冷静に見つめて今に活かせることを学んでいきたいと思っています。